「米国版はやぶさ」が小惑星に着陸、試料採取に成功か

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
小惑星ベンヌに着陸するNASAの探査機オシリス・レックスのイメージ=NASAなど提供 
小惑星ベンヌに着陸するNASAの探査機オシリス・レックスのイメージ=NASAなど提供 

 「米国版はやぶさ」と称される米航空宇宙局(NASA)の探査機オシリス・レックスが20日午後(日本時間21日午前)、小惑星ベンヌに着陸した。チームは「すべて計画通りに進んだ」と発表し、岩石の採取に成功したとみられる。目標の60グラム以上、入手できたかどうかは後日、判明する。こうした試料(サンプル)を地球に持ち帰るため小惑星に着陸した探査機は、日本の「はやぶさ」「はやぶさ2」に続き世界で3機目となる。

 日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)はオシリス・レックスとはやぶさ2の試料を交換する協定を結んでおり、米国から採取試料の分配を受ける予定。JAXAは宇宙科学研究所(相模原市)内にクリーンチャンバーと呼ばれる専用の分析装置を整備し、宇宙の物質分析に関わる人材の育成にも着手する。探査機「はやぶさ」「はやぶさ2」で確立した、天体から試料を地球に持ち帰る探査手法「サンプルリターン」を日本の「お家芸」に…

この記事は有料記事です。

残り1223文字(全文1624文字)

あわせて読みたい

ニュース特集