メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

昇太も「難しい」師匠のネタに挑戦 不滅のナンセンス、春風亭柳昇生誕100年

車いすで駆けつけた春風亭小柳枝さんをはじめ、昔昔亭桃太郎さん(左)、春風亭昇太さん(その左)ら、笑顔で記念写真に納まる柳昇一門=東京都武蔵野市の武蔵野公会堂で2020年10月18日午後4時34分、油井雅和撮影

 「大きなことを言うようですが、今や春風亭柳昇といえば、我が国ではー……、私一人でございます」

 ひょうひょうとした性格で、繰り出す新作落語は不滅のナンセンス、ばかばかしさ。五代目春風亭柳昇さん(1920<大正9>~2003)の落語は、まずこの一言で笑いを誘った。

 100歳の誕生日にあたる今月18日、地元・東京・武蔵野市の武蔵野公会堂で「生誕百年記念公演」が開かれた。集まったのは、昔昔亭(せきせきてい)桃太郎さん、瀧川鯉昇さん、春風亭昇太さんら、直弟子から孫弟子、ひ孫弟子まで総勢38人。療養中の84歳、春風亭小柳枝さんは車いすで駆けつけ、仕事で集まれない若手は場内アナウンスに録音で参加した。

この記事は有料記事です。

残り1418文字(全文1716文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「はやぶさ2」とカプセルの撮影に成功 京大・岡山天文台と鳥取市の施設

  2. 米大統領選「不正ある」 トランプ氏勝利を叫ぶ日本人識者たちの論理

  3. ORICON NEWS 金城茉奈さん、病気のため死去 享年25歳 『リュウソウジャー』龍井うい役で出演

  4. 見る探る 「これはいじめではないか…」アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見に行ってみた

  5. NHK、スリム化必須 「受信料、義務化し値下げを」 高市早苗前総務相が寄稿

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです