メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

河井克行議員、解任した4人含む弁護人5人選任 中断の審理再開へ

元法相の河井克行衆院議員

 2019年の参院選広島選挙区を巡る大規模買収事件で、公職選挙法違反に問われた元法相の衆院議員、河井克行被告(57)が、弁護人5人を新たに選任した。克行議員は9月15日に弁護人6人全員を解任し、審理が止まっていたが、選任した5人のうち4人は解任した弁護士だった。関係者への取材で判明した。

 審理の再開時期は新たな弁護団と裁判所、…

この記事は有料記事です。

残り195文字(全文359文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪万博 招致戦略の見直し急務 150カ国参加目指すもコロナで「白紙」に

  2. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  3. 大阪で新たに318人感染 300人超は2日ぶり 新型コロナ

  4. 首相、医師会長に「全力でやる」 官邸で面会 医療体制逼迫など訴え

  5. コロナ対応説明は? 菅首相、感染拡大でも記者会見開かず 野党「国民の不安高まる」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです