メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終活ナビ

年金の繰り下げ受給、メリットは?

生活の窓口相談員(ファイナンシャルプランナー)の平田純子さん

 Q 年金の繰り下げ受給、メリットは?

 長生きリスク対策として公的年金の繰り下げ受給を勧められますが、具体的にどれくらいの効果があるのでしょうか。一方、繰り下げて受給した場合、税金や社会保険料の負担も増えてしまい、あまりメリットを感じません。(60代、男性)

手取り額が増え、生活にゆとり

 A 長生きをリスクと言ってしまうのは何とも世知辛いものですが、高齢になってからの経済的な不安は若い頃と比べて体力的、精神的にきついものです。公的年金は人によって受給額がさまざまですが、多くの人にとって生涯受け取れる、老後生活の大きな収入源であることは言うまでもありません。

 繰り下げとは、原則65歳の公的年金の受給開始を月単位で最長70歳まで遅らせることで、毎回の受給額を1カ月当たり0・7%、最大42%増やすことができる制度です。

この記事は有料記事です。

残り655文字(全文1015文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏の地元も「答弁、何だったのか」 「桜を見る会」補塡に疑問の声

  2. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 事実と違う答弁を繰り返した安倍氏…「桜を見る会」前夜祭 立件可否焦点に

  5. 要請応じない/もう諦めるしか 大阪「時短」、反発や落胆 忘年会シーズン直撃 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです