宝塚歌劇 花組「はいからさんが通る」 柚香の包容力が増す=評・田中博子

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
柚香光(左)と華優希=宝塚歌劇団提供
柚香光(左)と華優希=宝塚歌劇団提供

 1970年代の大人気少女漫画が原作。2017年に柚香光と華優希の主演で上演されて好評を博し、今回、2人のトップ就任お披露目公演として異例の再演となった。脚本・演出も初演と同じ小柳奈穂子。

 大正期の東京で、見目麗しい陸軍少尉の伊集院忍(柚香)と、おてんばに自転車を乗り回し、「はいからさん」と呼ばれる女学生、花村紅緒(華)の恋物語。二人は祖父母が決めたいいなずけだが、進歩的な考えの紅緒は反発する。やがて共に過ごすにつれて互いに引かれ合うが、時代の荒波に翻弄(ほんろう)されていく。

 主役の二人が漫画の世界から抜け出したように、原作のイメージを守りながらいきいきと演じている。柚香は初演から快活で心優しい忍のイメージを忠実に再現していたが、トップスターとなったことで余裕や包容力を一層強く感じさせた。華は前回、入団4年目でヒロインに抜てきされ、愛らしさと体当たりの演技が評価されていた。この3年でコメディエンヌとしての腕を磨きつつ、困難な状況でも前向きに生きようとする紅緒の芯の強さ…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文741文字)

あわせて読みたい

注目の特集