メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文学碑の散歩道

/7 荻窪・旧居跡は公園-与謝野晶子 あふれる心情、琴線に触れ 文芸史に輝く情熱の歌人 /東京

与謝野晶子

 大阪・堺の商家に生まれた与謝野晶子(1878~1942年)は21歳の時、妻子ある与謝野鉄幹(後に雅号を廃して本名の寛を名乗る)と運命的に出会った。周囲の反対を押し切って東京で結婚。上京の2カ月後、晶子は鉄幹の主宰する東京新詩社と伊藤文友館の共版で最初の歌集「みだれ髪」を発表する。「やは肌のあつき血汐にふれも見でさびしからずや道を説く君」に代表される大胆で鮮烈な短歌は、晶子を「情熱の歌人」として世に押し出した。

 そのころ2人が住んでいた家に近い東京・渋谷の道玄坂に、晶子の歌碑が立つ。碑面に彫られた「母遠うて瞳したしき西の山相模か知らず雨雲かゝる」(東京新詩社の機関誌「明星」に掲載)からは、遠く離れた母を思う晶子の心情があふれ出すようだ。

この記事は有料記事です。

残り503文字(全文825文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 歌手の小金沢昇司容疑者を酒気帯び運転の疑いで逮捕 容疑認める 警視庁高井戸署

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

  3. 日本新薬が勝ち越し アーチ2本、三菱重工広島に 都市対抗

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです