メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

糸巻き巻き楽しいね♪ 親子ら、養蚕学ぶイベント 宮津 /京都

 繭から生糸を取り出すイベントが17日、宮津市国分の府立丹後郷土資料館であり、親子連れら15人が挑戦した。

 丹後地域でかつて盛んだった養蚕や製糸の歴史と文化を知ってもらおうと、同館が国、府の補助事業として開催。亀岡市文化資料館友の会(加藤美智恵会長)のサークル活動で、生糸や綿作りの全工程に取り組むメンバー3人が講師を務めた。

 蚕に関するクイズで参加者らは、一つの繭から取れる生糸の長さは約1キロに及ぶことなどを教わった。生糸を取り出す実技では、湯に入れてほつれやすくした繭から糸を1本引き出し、指で約40分も回し続けて透明な筒に巻き取った。

この記事は有料記事です。

残り185文字(全文456文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  2. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  3. 注目裁判・話題の会見 名前すら聞かれなかった女子高生 座間9人殺害・11月2日公判詳報

  4. アート作品? 米ユタ州の砂漠で謎の金属柱発見 臆測が飛び交う

  5. 注目裁判・話題の会見 「保健室の先生に…」夢絶たれた女子高生 座間9人殺害10月28、29日公判詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです