メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

交番勤務の署員、手話講座に参加 松江署 /島根

手話で自己紹介の練習をする松江署地域課員ら=松江市袖師町の松江署で、小坂春乃撮影

 聴覚障害者と接する機会の多い交番勤務など地域課の警察官向けに松江署は14日、手話講習を開き、約50人が参加した。あいさつから、「困りごとはないですか」など実際の勤務で使うフレーズまでを、県立松江ろう学校の教員に学んだ。

 講師の広戸勉さん(59)らは枕が外れる動作などを組み合わせて、手話で「おはようございます」とあいさつ。自身も聴覚障害者である広…

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文436文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  3. 時短に「またか」「悩む」 東京都内の飲食店悲鳴 「従わないと白い目で…」

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです