メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 21年卒学生、対面式で合同説明会 あすまで小倉北 学生「貴重な機会」 /福岡

間仕切りなどの感染防止策が採られたブースで、学生に自社の説明をする企業の採用担当者(奥)

 新型コロナウイルスの影響で就職活動を取り巻く状況が一変する中、2021年春卒業の学生を対象にした「北九州合同会社説明会」が21日、小倉北区のAIMビルで始まった。23日までの各日に、地元企業などが約40社ずつ参加。北九州商工会議所と北九州市が主催する説明会としては今シーズン初の対面式での実施だが、初日に参加した学生や企業からは戸惑いの声も聞かれた。

 友人と訪れた九州国際大4年の男子学生(22)は「対面式は情報量が多く、細かい点も確認できる。気兼ねなく質問できて良かった」とほっとした表情を見せた。ブライダル業界などを志望したが、コロナ禍を受けて他の業界にも視野を広げて就活を続けている。

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文723文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「都構想説明パンフは違法」 大阪市長らに約1億円返還求め住民訴訟

  2. コロナで変わる世界 国家ぐるみの偽情報にどう立ち向かう? インテリジェンス研究者に聞く

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  5. 元慰安婦賠償判決 差し押さえの可能性が否定できない日本政府の資産とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです