メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

深圳40年と香港の危機=坂東賢治

 <moku-go>

 展望を楽しみながら食事ができる回転レストランの発祥の地はドイツ西部のドルトムントとされる。1959年、高さ220メートルのテレビ塔に設置された。

 豊かさや先進性の象徴と受け止められたのだろう。60年代以降、日本をはじめ、世界各地に広がった。中国では改革・開放政策が軌道に乗った80年代に誕生した。

 広東省の深圳経済特区に85年末に完成した国貿ビル(160メートル)が第1号だ。最上部の回転レストランは深圳の発展ぶりを一望できる名所となった。

この記事は有料記事です。

残り786文字(全文1017文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. 時短に「またか」「悩む」 東京都内の飲食店悲鳴 「従わないと白い目で…」

  3. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです