メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みんなの広場

スクランブル放送にせぬ理由=作曲家・田端能明・76

 (大阪府箕面市)

 私は気晴らしにケーブルテレビの映画や野球中継を見るくらいで、地上波放送はあまり見ない。ましてや政権寄りのNHKはほとんど見ない。ところが、総務省はテレビを設置すれば受信料の支払いを義務化するよう、法律で明確にしようとしていることが、明らかになった。税金を徴収する感覚なのではないか。

 戸別訪問などによるNHKの契約・収納活動の経費が多額に上るため、コストを削減し契約率向上を図るのが狙いという。それならば、画面にスクランブルをかけて、契約した場合のみ視聴できる有料チャンネル方式に変えればいいだけの話だ。なぜ、こんな簡単なことができないのか。

この記事は有料記事です。

残り101文字(全文382文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 稲垣吾郎の主演舞台『No.9-不滅の旋律-』大みそかにABEMAで生配信決定

  2. 「コロナのばかたれーっ!!」広島県観光連盟がポスター 帰省自粛の思い代弁

  3. 東京福祉大総長が復職 過去に強制わいせつ罪で実刑判決 文科省への説明、ほごに

  4. レオパレス改修計画、4年延期 「2024年中に完了」 入居者らからの批判必至

  5. 菅首相の大ブーメラン「偽証罪に問われる証人喚問を」民主政権を鋭く追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです