メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京都、飲食店などに時短要請へ 25日午後5時からの記者会見で公表

コロナでも焼き肉店好調 売り上げ急回復、相次ぐ新規出店 換気「安心」、レジャー感覚

焼き肉店の売り上げは回復傾向にある=東京都板橋区の「焼肉きんぐ板橋前野町店」で19日

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で外食産業に逆風が吹く中、焼き肉店が好調だ。一部のチェーンでは売り上げが急回復し、新規出店も相次いでいる。居酒屋などが苦戦する一方で、焼き肉店が盛況な理由を探った。

 19日午後6時、焼き肉チェーン「焼肉きんぐ板橋前野町店」(東京都板橋区)の広い店内は7割ほどの席が埋まっていた。家族3人で来店した近くの女性(38)は新型コロナ感染拡大を受けて外食の頻度を減らしているが、焼き肉店には月1回訪れるという。店はテーブルごとに設置された、煙を吸い込む強力な換気システムによって「4分強で客席全体の空気が入れ替わる」とPRしている。女性は「換気の悪い店より安心。焼き肉は子供も好きなので、外食先としてつい選んでしまう」と笑顔で話した。午後8時を回ると、店内は家族連れらでいっぱいになった。

 焼肉きんぐを運営する「物語コーポレーション」(愛知県豊橋市)によると、全国約220店舗の既存店売上高は臨時休業していた4月に前年同月比73・0%減と大きく落ち込んだが、6月には同2・4%増に転じ、感染が再拡大した7月も同10・3%増と急回復を見せた。コロナ前は2980円の食べ放題コースが人気だったが、今は3980円のコースも人気が高まっている。同社の担当者は「家族のちょっとしたごちそうとして、焼…

この記事は有料記事です。

残り568文字(全文1125文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道の町役場でクラスター 来庁者立ち入り禁止、半数欠勤 正常化へ2週間

  2. トヨタ東富士工場閉鎖 OBから惜しむ声「あんなにいい場所なのに…」

  3. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  4. 桜を見る会「前夜祭」そもそも何が問題だったのか? 捜査の行方は?

  5. 高級車 ジャガー、ベンツ、レクサス「売らない店」の理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです