メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第79期名人戦A級順位戦 広瀬章人八段ー三浦弘行九段 第11局の4

広瀬が初白星

 図は広瀬が[先]7四歩と合わせ、敵玉のコビンに手をつけたところ。

 広瀬は局後の感想戦で「[後]3七歩と垂らされたら苦しいと思っていた」と明かした。以下[先]7三歩成[後]同玉[先]4六角[後]3八歩成[先]同銀[後]同と[先]同金[後]7六歩の攻め合いはどうか。

 「と金で金気を1枚剥がされるのが痛い。勝負形になればいいと思っていた」と形勢を消極的に判断する広瀬に対し、三浦は「よく分からない」としながらも、最後は「[後]7六歩と打てれば悪くなさそう」と同意した。

 本譜、熟考の末の[後]3三銀は[先]4三金と振り替わり、手負けコースに陥った。4三歩を取らせて[後]4六歩の合わせを可能にし、嫌みな[先]4六角こそ消しはしたが、直後の[後]2六角で攻めの手番を広瀬に許した。

この記事は有料記事です。

残り527文字(全文871文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 核禁条約発効 廃絶に向け思考停止から脱しなければ 中満泉・国連事務次長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです