脊髄内細胞、痛みを強化 九大発見、痛覚の定説に一石

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 九州大の研究グループは、脊髄(せきずい)内の細胞「アストロサイト」の一部に特定の遺伝子を生成し、痛みを強める作用があることを確認したと発表した。痛覚の仕組みの定説に一石を投じる研究で、より効果的な鎮痛薬の開発につながると期待される。論文が科学誌「ネイチャー・ニューロサイエンス」電子版に掲載された。

 アストロサイトは、神経と神経の間を埋める細胞の一種。脳と脊髄全体にあり、重要な機能を持…

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文485文字)

あわせて読みたい

注目の特集