メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Road・to毎日甲子園ボウル 元日本一監督「ほっとした」 関大初戦、薄氷の白星

TDランを決める関大の柳井(右)=17日

 <三菱電機杯>

 かつてアメリカンフットボールで関大を学生日本一に導き、11年ぶりに復帰した磯和雅敏監督(53)が開幕戦で薄氷の勝利を手にした。新型コロナウイルスの影響でトーナメント方式となった関西学生1部の1回戦で24―16で京大に逆転勝ち。「ほっとしています」と口にした指揮官は「これが我々の力と受け止め、次に向け修正したい」と前を見据えた。

 17日に神戸市・王子スタジアムで行われた京大戦。鉄壁の守備を売りに「変わったことはせず、がっぷり四つに組んでいこう」と臨んだが、早々にTDを許して浮足立った。0―10で折り返したハーフタイム。「後半はチャレンジしていこう」と方針を転換した。

この記事は有料記事です。

残り631文字(全文925文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」偽フィギュア1500個、販売目的で所持の疑い 会社員を逮捕 山口県警

  2. 学術会議現役会員「世界から笑われる」 政府、非政府組織化を提案

  3. 井上科技相、学術会議の国からの切り離し検討を要請 梶田会長との会談で

  4. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです