メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民・石崎徹議員が離党届 辞職は否定 暴行罪で略式起訴受け

石崎徹衆院議員

 元秘書への暴行罪で略式起訴された自民党の石崎徹衆院議員(36)=比例代表北陸信越ブロック、当選3回=は22日、党本部を訪ね離党届を提出した。議員辞職は否定している。自民は石崎氏の処分を協議する党紀委員会を同日午後に開催予定だった。処分の決定前に離党する道を選んだ。

 石崎氏は離党届の提出後、党本部で記者団…

この記事は有料記事です。

残り148文字(全文301文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」 興収259億円に 「アナ雪」超えの国内歴代3位

  2. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  3. 大阪ガスが反撃 ホンダと6点差に 西脇、本塁打の次は適時二塁打 都市対抗 

  4. ホンダ猛攻 三回に3ランなどで一挙11得点 大阪ガスも大会5号 都市対抗

  5. 立憲、安倍前首相の国会招致求める 小泉氏ら閣僚、コメント回避相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです