メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シュパーン独保健相が新型コロナ感染 メルケル首相ら検査の可能性も

コロナ感染の判明に先立ち、閣議に出席したシュパーン保健相=ベルリンで2020年10月21日、AP

 ドイツのシュパーン保健相が新型コロナウイルスに感染したことが21日、分かった。地元メディアが報じた。既に自宅での隔離に入った。感染判明に先立ち、同日の閣議に参加したという。メルケル首相ら他の参加者の検査が必要になる可能性もある。

 ドイツはシュパーン氏の指揮の下、コロナ被害を周辺国より低く抑えてきた…

この記事は有料記事です。

残り51文字(全文201文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

  3. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです