メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国とバチカン 司教任命巡る暫定合意さらに2年間延長

サンピエトロ大聖堂=バチカンで

 中国政府とキリスト教カトリック総本山のバチカン(ローマ教皇庁)は22日、高位聖職者である司教の中国での任命方法を巡る暫定合意をさらに2年間延長した。中国外務省が発表した。バチカンと中国が接近する一方で、欧米諸国は中国の人権状況に懸念を深めている。ポンペオ米国務長官は9月に「合意を延長すればバチカンは自らの道徳的権威を危うくする」と警告。米中対立がバチカンに飛び火する事態にもなっている。

 中国とバチカンは1951年から断交状態だったが、2018年の暫定合意で歴史的な和解を果たした。合意の内容は非公開だが、中国側が司教候補をバチカンに提示し、ローマ教皇が最終的に決定する仕組みとされている。

この記事は有料記事です。

残り526文字(全文823文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  4. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  5. 「猫にマタタビ」の謎 研究のため朝夕掃除でご機嫌取り 教授の腕でも実験

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです