1週間でフォロワー2万超 「ナウル共和国」のツイートが人気なワケ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ナウルで撮影した、ある日の夕焼け=ナウル共和国政府観光局日本事務所提供
ナウルで撮影した、ある日の夕焼け=ナウル共和国政府観光局日本事務所提供

 秋風が身に染みる季節。「冬になればまたコロナの感染が広がるのかなあ」と思うと気が気ではない。どんよりとした気分でツイッターをのぞいていたら、あるアカウントが目に留まった。その名は「ナウル共和国政府観光局」(@nauru_japan)。10月1日に日本語の公式アカウントを作って投稿を開始したところ、わずか1週間でフォロワーが2万人超になったという。ナウルは南太平洋に浮かぶ小さな島国。多くは「そんな国あったっけ?」という反応ではないだろうか。「人気急上昇」のワケを探った。【生野由佳/統合デジタル取材センター】

大統領の肩書は20以上?

 このナウルのツイート、とかく引き込まれてしまう。

 <ナウル共和国の面積はだいたい(東京都)港区、北区と同じです>

 <ナウル共和国より琵琶湖のほうが大きいです>

 <人口は千葉県長生村とほぼ同じの約1.3万人>

 さらには、こんな投稿も。

 <ナウルでは大統領が内閣議長、公務員、外務・貿易、ナウル警察、ナウル航空公社、ナウル郵便サービス……スポーツ開発公社大臣を兼務>

 大統領の肩書はなんと約20もあるという。なんだか独裁国家みたいな感じがしないでもないが、フォロワーからは驚きと心配のコメントが続いた。

 <大統領すごい……>

 <過労死しそうな勢いですね……>

 <いつ休めるんだろう?>

 <人手が足りないのでしょうか?>

フォロワーが急増

 記者は公式ツイッターを通じて、ナウル政府観光局…

この記事は有料記事です。

残り2835文字(全文3443文字)

あわせて読みたい

注目の特集