「誰も知らんぷりだった」迷子の7歳、小5が機転、声をかけ保護

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
行橋署の北永署長(右)から感謝状を受け取る今村さん=福岡県行橋市で2020年10月16日、松本昌樹撮影
行橋署の北永署長(右)から感謝状を受け取る今村さん=福岡県行橋市で2020年10月16日、松本昌樹撮影

 福岡県警行橋署は16日、迷子になっていた7歳の女児の保護に貢献したとして、行橋小5年、今村晄(あきら)さん(11)に感謝状を贈った。北永章夫署長は「見て見ぬ振りをすることが多い世の中。機転を利かせて声を掛け、事件に巻き込まれることを防いでくれた」と今村さんの勇気ある行動をたたえた。【松本昌樹】

 同署などによると、9月29日午後6時半ごろ、そろばん教室から自転車で帰宅中、行橋市大橋1の県道沿いの歩道で、小型犬を連れ、一人で泣いている女の子を見…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文558文字)

あわせて読みたい

ニュース特集