メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高級レストランもテークアウトに参戦 「非日常」のごちそう、年末向けメニューも

テークアウトのフランス料理のコースのメニューや自宅での温め方を客に説明する支配人(右)=東京都港区の「レストランひらまつ レゼルヴ」で

 新型コロナウイルスの影響で外食産業にテークアウトが広まる中、高級レストランのテークアウトが「店内で食べるより安くコース料理を味わえる」などと人気を集めている。クリスマスや正月を前にメニューをより充実させて、巣ごもり需要に応えようとする店もある。テークアウトでの先発組のファストフード店も、さらに力を入れる方針だ。飲食店のテークアウト事情を探った。【町野幸】

 「牛肉のパイ包み焼きです」。東京都港区西麻布の高級フランス料理店「レストランひらまつ レゼルヴ」で、支配人に料理を手渡され、会社員の足立梢さん(43)は顔をほころばせた。結婚記念日に1人6000円(11品)のコース料理を予約。「子供が小さいこともあり、家でおいしい料理をゆっくり味わいたい」と声を弾ませた。

この記事は有料記事です。

残り733文字(全文1066文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」 興収259億円に 「アナ雪」超えの国内歴代3位

  2. 佐世保に仮面ライダー現る 1号と2号? 果たしてその正体は…

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 立憲、安倍前首相の国会招致求める 小泉氏ら閣僚、コメント回避相次ぐ

  5. ホンダ大勝、2回戦へ 3年連続日本一を狙った大阪ガスは初戦敗退 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです