メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大分・中学生自殺未遂 第三者委、「いじめが原因」と認定 市長は保護者に謝罪

大分市役所=尾形有菜撮影

 小学生時代からいじめの被害を訴えていた大分市立中学校の女子生徒が2019年、自殺未遂を繰り返した問題で、市教育委員会が設置した第三者委員会が「いじめが原因」と認定する報告書をまとめたことが22日、関係者への取材で分かった。

 市教委などによると、生徒は以前通っていた小学校で同級生からいじめを受け、中学校に進学後も訴えが…

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文401文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」 興収259億円に 「アナ雪」超えの国内歴代3位

  2. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  3. 大阪ガスが反撃 ホンダと6点差に 西脇、本塁打の次は適時二塁打 都市対抗 

  4. ホンダ猛攻 三回に3ランなどで一挙11得点 大阪ガスも大会5号 都市対抗

  5. 立憲、安倍前首相の国会招致求める 小泉氏ら閣僚、コメント回避相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです