メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大飯原発の設置許可取り消し 原告側勝訴 大阪地裁判決

汚染処理水処分 原子力規制委、海洋放出なら海水の監視強化へ

原子力規制委員会の更田豊志委員長=東京都港区六本木1で2020年1月29日、荒木涼子撮影

 東京電力福島第1原発で汚染水の放射性物質の濃度を下げた後の処理水の海洋放出案について、原子力規制委員会の更田豊志委員長は21日の記者会見で「科学的な意味で実行可能な唯一の処分方法だ」と述べた。政府の方針が海洋放出で決まった場合、放出の約1年前から海洋での放射性物質の監視を強化する考えを明らかにした。

 更田氏は「事故で損傷した炉心を経てきた水で(海洋放出に)強い抵抗感があることは認識している」と話した。風評被害への対策として、測定の精度を高めた監視をし、放出前後で放射性物質の濃度に変化があるかどうか説明する必要があるとした。第1原発付近だけでなく、広域での監視を目指すという。

この記事は有料記事です。

残り135文字(全文426文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 毎日新聞には冨岡義勇ら登場 「鬼滅」広告、5紙朝刊に掲載 最終巻発売など記念

  3. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  5. 「現場感覚ではもう今が限界」埼玉医大教授のSNS投稿が拡散 コロナ楽観論を懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです