メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

汚染処理水処分 原子力規制委、海洋放出なら海水の監視強化へ

原子力規制委員会の更田豊志委員長=東京都港区六本木1で2020年1月29日、荒木涼子撮影

 東京電力福島第1原発で汚染水の放射性物質の濃度を下げた後の処理水の海洋放出案について、原子力規制委員会の更田豊志委員長は21日の記者会見で「科学的な意味で実行可能な唯一の処分方法だ」と述べた。政府の方針が海洋放出で決まった場合、放出の約1年前から海洋での放射性物質の監視を強化する考えを明らかにした。

 更田氏は「事故で損傷した炉心を経てきた水で(海洋放出に)強い抵抗感があることは認識している」と話した。風評被害への対策として、測定の精度を高めた監視をし、放出前後で放射性物質の濃度に変化があるかどうか説明する必要があるとした。第1原発付近だけでなく、広域での監視を目指すという。

この記事は有料記事です。

残り135文字(全文426文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「最終的には生活保護」 新型コロナでの困窮者支援で持論、野党から批判

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  5. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです