特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

ターミネーター、シュワちゃんが手話を引っ提げ帰ってきた 今、何を終わらせる?

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
決めぜりふ「I’ll be back(また戻ってくる)」を手話で表現する主人公のシュワちゃん=動画から
決めぜりふ「I’ll be back(また戻ってくる)」を手話で表現する主人公のシュワちゃん=動画から

 あの男が「手話」を引っ提げて帰ってきた――。人気映画「ターミネーター」シリーズのオマージュとして作られ、「手話」や「聴覚障害」を題材にした短編映像作品が動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開された。主人公は映画主演の米俳優アーノルド・シュワルツェネッガーさんと「手話」の読みを掛けた「シュワちゃん」。未来からコロナ禍の現代に彼が送り込まれた理由とは。ターミネートする(終わらせる)目標は何なのか。

 タイトルは「SHUWACHAN(シ ュ ワ ち ゃ ん) BARRIER(バ リ ア ー) CRASH(ク ラ ッ シ ュ)」(再生時間約20分)。まばゆい電光とともに筋骨隆々とした全裸の男性が地上に降り立つ。映画の有名シーンをユーモラスに再現して進む作品の舞台は、新型コロナウイルスが感染拡大した2020年。コロナ禍で急速に広がった映像と音声中心のオンラインコミュニケーションでは、聴覚障害者や耳の遠い高齢者が取り残される。そこにシュワ…

この記事は有料記事です。

残り1054文字(全文1472文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集