iPSで国内初のがん治療、千葉大などが治験実施、移植成功

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
千葉大学=千葉市稲毛区で撮影
千葉大学=千葉市稲毛区で撮影

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)から免疫細胞を作り、頭頸部(とうけいぶ)がんの患者に移植する医師主導治験を、千葉大と理化学研究所のチームが始めた。iPS細胞を使ったがん治療は国内で初めて。

 iPS細胞から作るのは「ナチュラルキラーT(NKT)細胞」と呼ばれる免疫細胞。がんを攻撃するほか、他の免疫細胞の働きを高める作用がある。治験では、健康な人の血液に含まれるNKT細胞からiPS細胞を作って大量に増やし、再びNKT細胞に変化させる。そのNKT細胞を2週間おきに計3回、がん部位近くの動脈に投与する。

 千葉大によると10月14日、1人目の患者に最初の移植を実施し、成功した。経過を慎重に確認し、2回目以降の移植を実施する。

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文760文字)

あわせて読みたい

注目の特集