阪神・能見、来季戦力外 現役続行を希望

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
能見篤史投手
能見篤史投手

 プロ野球・阪神が能見篤史投手(41)を来季の戦力構想外とする方針であることが22日、関係者への取材で明らかになった。能見は球団を通じ「ファンのみなさんにお伝えしたいことは、タイガースのユニホームを着て、プレーするのは今季が最後になるということです。まだシーズンを戦っている最中ですので、目の前の試合に集中していきます」とのコメントを発表した。

 阪神一筋プロ16年目の能見は投手陣最年長の左腕で、開幕投手を3度務め、通算104勝を挙げている。今季は救援で30試合に登板し1勝0敗、防御率4・98。来季の現役続行を希望しているとみられる。

この記事は有料記事です。

残り195文字(全文463文字)

あわせて読みたい

注目の特集