メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナ下の恩、試合で返す 今夏クラスターの松江・立正大淞南高サッカー部 本田選手ら応援、あすから県大会

練習に励む立正大淞南高サッカー部の選手ら=松江市の市営補助競技場で16日、小坂春乃撮影

 今夏、新型コロナウイルスの大規模なクラスター(感染者集団)が発生した松江市の立正大淞南(しょうなん)高サッカー部が24日、今年度初の公式戦となる全国高校サッカー選手権島根県大会に臨む。練習中止や隔離生活を余儀なくされ、心ない中傷にもさらされた一方、あこがれの本田圭佑選手や岡野雅行さんらサッカー界のビッグネームから相次ぎ応援のメッセージが届いた。選手は「支えてくれた人のために」と特別な思いを胸に、全国の大舞台を目指す。

 同校サッカー部は全国選手権出場18回を誇り、2010年度には4強入りも果たした。今年のチームは2月の県高校サッカー新人大会で優勝し、南健司監督(50)は大きな期待を寄せていた。しかし新型コロナの影響で、4月には休校に伴い練習も一時取りやめに。全国高校総合体育大会(インターハイ)は中止、県の独自大会も実施されなかった。対策を講じながら猛暑の中で徐々に練習量を増やしていた8月、サッカー部専用の寮を中…

この記事は有料記事です。

残り705文字(全文1116文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で新たに1228人の感染確認 北海道は1週間連続200人以上 新型コロナ

  2. ORICON NEWS のん、THE BLUE HEATSの名曲「キスしてほしい」をカバー、新WEB動画で"むずがゆい恋"を表現

  3. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  4. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  5. 要請応じない/もう諦めるしか 大阪「時短」、反発や落胆 忘年会シーズン直撃 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです