メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松江・立正大淞南高サッカー部 コロナ集団感染、中傷 激励、支援続々 優勝で恩返しを

練習に励む立正大淞南高サッカー部の選手ら=松江市の市営補助競技場で2020年10月16日午後4時17分、小坂春乃撮影

 今夏、新型コロナウイルスの大規模なクラスター(感染者集団)が発生した松江市の立正大淞南(しょうなん)高サッカー部が24日、今年度初の公式戦となる全国高校サッカー選手権島根県大会に臨む。練習中止や隔離生活を余儀なくされ、心ない中傷にもさらされた一方、あこがれの本田圭佑選手や岡野雅行さんらサッカー界のビッグネームから相次ぎ応援のメッセージが届いた。選手は「支えてくれた人のために」と特別な思いを胸に、全国の大舞台を目指す。

 同校サッカー部は全国選手権出場18回を誇り、2010年度には4強入りも果たした。今年のチームは2月の県高校サッカー新人大会で優勝し、南健司監督(50)は大きな期待を寄せていた。しかし新型コロナの影響で、4月には休校に伴い練習も一時取りやめに。全国高校総合体育大会(インターハイ)は中止、県の独自大会も実施されなかった。対策を講じながら猛暑の中で徐々に練習量を増やしていた8月、サッカー部専用の寮を中…

この記事は有料記事です。

残り919文字(全文1330文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  3. 決勝はホンダvsNTT東日本 ともに3回目の優勝目指し、3日対戦 都市対抗

  4. セガサミー「助っ人ルーキー」大内が躍動、充実感も 「来年は自チームで」 都市対抗

  5. 偽の「市長意見書」を離婚訴訟で証拠提出 容疑の福知山市職員逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです