町に新米200キロ、鵡川農協寄贈 /北海道

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
竹中町長にレプリカの米俵を手渡す長門組合長(右)=北海道むかわ町役場で2020年10月14日、平山公崇撮影
竹中町長にレプリカの米俵を手渡す長門組合長(右)=北海道むかわ町役場で2020年10月14日、平山公崇撮影

 鵡川農協は14日、むかわ町に新米のななつぼし200キロを寄贈した。胆振東部地震で損壊し、今年再建されて稼働し始めたばかりの新しい穀類乾燥調整施設で乾燥処理された米で、町は「復興のシンボル」として町内の小中学校の給食などに活用する。

 新施設は今年3月に完成。10月から米の乾燥処理を始めた。隣接する大…

この記事は有料記事です。

残り120文字(全文270文字)

あわせて読みたい

ニュース特集