メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

県大会 学法石川、男女V /福島

トップでフィニッシュする学法石川のアンカー・小田切幹太選手(1年)=福島県猪苗代町で2020年10月22日午前11時24分、肥沼直寛撮影

[PR]

 男子第65回、女子第38回県高校駅伝競走大会(県高校体育連盟、福島陸上競技協会、毎日新聞社など主催)が22日、猪苗代町であった。学法石川が男女ともに全区間で区間賞を記録する走りで優勝し、12月20日に京都・都大路で開催予定の全国高校駅伝へ出場を決めた。32チームが参加した男子(7区=42・195キロ)は、2区間で区間新記録を出し、10年連続12回目の優勝。23チームが参加した女子(5区=21・0975キロ)は2位・田村に4分以上の差をつけて5年連続7回目の大会制覇となった。男女の上位各5チームは、11月12日に岩手県一関市である東北大会に出場する。【肥沼直寛、三浦研吾】

 ◆男子 全員区間賞、10連覇

 男子の学法石川は2時間5分21秒と昨年の自身の県大会最高記録(2時間5分6秒)に迫り、1区と6区で区間記録を更新するなど圧倒的な力を見せた。

 1区を任されたエース・山口智規選手(2年)は「9キロ過ぎに向かい風でペースが落ちた」と言うが、区間新記録の29分10秒で力走し、チームに勢いをもたらした。

 山口選手からたすきを受けた2区の大湊柊翔選手(1年)は「先輩が後続との差を広げてくれたので、心に余裕ができた」と自分の走りができたという。3キロ区間で武器であるスピードを発揮。後続との差を5秒広げた。

 3区の吉田凌選手(3年)は3年目にして初めての駅伝だったが、「自分でも納得のいく入りだった」。向かい風に悩まされたが、1位のまま前半を折り返した。

 4区を走った下山田稜選手(3年)は天鏡大橋の坂道でなかなか足が前に進まず「チームの勢いにブレーキをかけてしまった」。それでも堂々とした走りで、区間賞を獲得した。

 5区の山崎一吹選手(1年)は「3年生に挟まれた区間で、安心して走ることができた」と力を発揮した。

 6区・西槇駿祐選手(3年)は前日にチームで決めた「笑顔のたすき渡し」を体現。2001年以来破られていなかった区間記録を9秒更新してたすきをつないだ。

 「たすきを渡す先輩の笑顔でリラックスして走れた」。緊張が解けたアンカーの小田切幹太選手(1年)は、力強い走りを見せた。ゴール手前で小さくガッツポーズを作ると、両手を上げてゴールテープを切った。

 試合後、佐藤祐輔主将(3年)は「チーム全員が都大路優勝という目標を明確に持って戦い、最後はみんなで笑いたい」と見据えた。

トップでフィニッシュする学法石川のアンカー・小島彩乃選手(2年)=福島県猪苗代町で2020年10月22日午後0時59分、肥沼直寛撮影

 ◆女子 2位と4分差、圧倒

 女子も学法石川が全員が区間賞で、他チームを寄せ付けなかった。町総合体育館カメリーナ周辺で風速2~3メートルの風が出てきた中、磐梯山を背に連合チームを含む23チームがスタート。学法石川や日大東北、田村などがレースを引っ張った。

 学法石川で最長区間(6キロ)の1区を任されたのは長谷川莉子選手(3年)。3年生唯一のメンバー入りで「後輩が安心して走れるように攻めた走りを」と疾走。中盤であえてペースを落とし、ほぼ並走していた他校の走者を先に出させたが、残り約2キロ地点で前に出た。最後は2区の小島さくら選手(2年)に「莉子先輩笑顔ですよ」と言われ、「つい笑ってしまった」とタスキをつないだ。

 持久力が持ち味の小島さくら選手は「風が強かったが、風も後ろも気にせず走ることができた」と後続を引き離し、「頑張れ」とタスキを渡した。

 大河原萌花(もえか)選手(2年)は3区で「次は1年生。差を広げよう」と強気のレースを展開した。

 中継所で大河原選手に「萌花先輩ラストファイトです」と声をかけてスタートした4区の佐藤瑠香選手は1年生ながら抜てきされ「先輩たちがつないできたタスキをしっかりつなごう」と堂々とした走りを見せた。

 アンカーは小島彩乃選手(2年)。ケガが相次ぎ昨年はサポート役だった。「走れなかった人の分まで走ろう」と、チーム全員の思いを背負い、最後は大会5連覇の思いを込め、右手で「5」のポーズを作り、フィニッシュテープを切った。

 レース後、この日はメンバー外だった後藤さくら主将(3年)が「安心して見ていられた。今年は入賞や、もっと上を目指せる。全国で活躍できると証明したい」と話し、都大路での上位入賞を誓った。

1区トップ争い

 ○…昨年同様、田村・生田目惇選手(3年)が任されたのはエースランナーが集う1区。10キロの最長区間だが、前半は学法石川の山口智規選手とトップ争いを繰り広げた。5キロ過ぎには予想以上のハイペースに、息が上がった。新型コロナウイルスの影響で、原則無観客での開催となった今大会。沿道からの声援はなかったが、「仲間からの声援が背中を押してくれた」。最後まで力を出し尽くしたエースの表情に悔いはなかった。

学法石川・吉田凌選手(3年)

悔しさバネに区間賞 学法石川3年・吉田凌選手

 「高校3年間で最後の駅伝。1、2年生で走れなかった分、力を出し切りたかった」。昨年の県大会と都大路では同学年から誰もメンバーに選出されなかった。高校最後の年にようやく任された3区で、区間賞となる24分43秒の走りを見せた。

 スタート時は穏やかだった風は、中盤に強く吹くようになった。3区の勝敗を左右する天鏡大橋では、橋上から吹き降りる風に「なかなか体が前に進まなかった」。それでも昨年までメンバーに選ばれなかった悔しさをバネに、歯を食いしばって走り抜いた。

 昨年同区を走り、最強世代と呼ばれた松山和希選手(当時3年)の24分11秒を上回るタイムを目標に設定。「入りはよかった」が、6キロ過ぎから苦しくなり、目標タイムには届かなかった。レース後、「後半の粘りが足りない」と自らの走りを分析した。松田和宏監督も「3区が都大路では結果に大きく影響する。しっかり調整してほしい」と期待した。

 全国の強豪がひしめく都大路の目標は、悲願の優勝。「個人では区間賞、チームでは優勝を目指して残りの2カ月間調整する」と、夢の舞台での躍進を誓った。【肥沼直寛】

学法石川・大河原萌花選手(2年)

復帰のエースが勢い 学法石川2年・大河原萌花選手

 笑顔でタスキを渡す――。前日のミーティングで、この日は走らない後藤さくら主将(3年)から伝えられた言葉を胸に、復帰したエースがチームに勢いを付けた。

 「スピードもあり、全国でも通用する」と松田和宏監督の信頼も厚い。昨年の都大路でも3区を走り、区間15位と健闘。チーム順位を四つ上げた。1年生としては十分すぎる走りだが、「目標タイムを下回った」と話し、満足していなかった。

 今年は8月末に貧血で練習を一時離れ、「不安だったが、できることをやる」と気持ちを切り替えた。体幹トレーニングなどで補い、体力を大きく落とすことなく、大会に間に合わせた。最近のレースでは「帽子のつばで視界を狭め、自分の世界に入り、集中できる」と帽子をかぶってレースに臨んでいる。

 この日も3キロ区間の3区で、2位との差を約1分広げる力走を見せ区間賞だったが、「目標タイムを14秒下回った」と納得のいく走りではなかった。都大路に向け、「どんな状況でも目標タイムで走れるようにし、自信が持てるようにもっと練習を積んで、全国でも区間賞を取れるようになりたい」と誓う。エースに自信が付き、納得の走りができた時の学法石川の順位が楽しみだ。【三浦研吾】

日大東北・矢内楓恋選手(3年)

大学で飛躍誓う

 ○…日大東北の女子は過去最高順位だった2019年と同じく3位。1区を任された矢内楓恋(かれん)選手(3年)は、昨年学法石川に敗れた悔しさを胸に「打倒学石」に燃えていた。昨年同様、学法石川の長谷川莉子選手と競ったが中盤で離され区間2位。それでも、今年はハイペースな展開で、昨年より記録を1分13秒縮める快走。「区間賞は取れなかったが自己ベスト。大学でも競技を続ける」と次のステージでの飛躍を誓った。


 ◆1区と6区で区間新記録男子

第65回県高校男子駅伝競走大会の成績(上段は通過順位と通過タイム。下段は個人順位とタイム。※は区間新)

順位 学校名  1区(10キロ)      2区(3キロ)      3区(8.1075キロ)    4区(8.0875キロ)    5区(3キロ)        6区(5キロ)        7区(5キロ)

        選手  順位 時間    選手 順位 時間    選手  順位 時間      選手  順位 時間      選手 順位 時間      選手 順位 時間      選手  順位 時間

<1>  学法石川 山口  ※(1) 29:10 大湊  (1) 37:41 吉田   (1) 1:02:24 下山田  (1) 1:27:27 山崎  (1) 1:35:59 西槇  (1) 1:50:36 小田切  (1) 2:05:21

                         (1)  8:31      (1)   24:43      (1)   25:03     (1)    8:32    ※(1)   14:37      (1)   14:45

<2>  田村   生田目  (2) 29:47 大和田 (2) 38:23 海村   (2) 1:04:35 斎藤   (2) 1:29:42 新谷  (2) 1:38:40 横田  (2) 1:53:59 佐藤   (2) 2:09:48

                         (2)  8:36      (3)   26:12      (2)   25:07     (2)    8:58     (2)   15:19      (2)   15:49

<3>  日大東北 二瓶   (4) 31:57 斉藤  (3) 41:01 山縣   (3) 1:06:48 馬場   (3) 1:34:29 佐藤  (3) 1:43:33 浜津  (3) 1:59:37 矢吹   (3) 2:15:42

                         (5)  9:04      (2)   25:47      (6)   27:41     (3)    9:04     (3)   16:04      (5)   16:05

<4>  会津   伊藤   (10) 32:56 門馬海 (5) 41:38 門馬諒  (6) 1:09:00 福田   (5) 1:36:29 佐藤  (5) 1:45:37 斎藤  (5) 2:01:54 坂内   (4) 2:17:53

                         (3)  8:42      (7)   27:22      (4)   27:29     (4)    9:08     (4)   16:17      (4)   15:59

<5>  福島東  石井   (8) 32:32 川村  (9) 41:56 遠藤   (4) 1:08:28 八巻   (4) 1:35:51 森   (4) 1:45:22 奥野  (4) 2:01:52 武田   (5) 2:18:10

                         (8)  9:24      (4)   26:32      (3)   27:23     (5)    9:31     (7)   16:30      (7)   16:18

<6>  磐城   長谷川  (7) 32:27 佐藤  (6) 41:43 石橋   (7) 1:09:21 鍔    (6) 1:36:55 鷺   (6) 1:46:29 遠藤  (6) 2:02:51 北村   (6) 2:19:00

                         (7)  9:16      (8)   27:38      (5)   27:34     (6)    9:34     (5)   16:22      (6)   16:09

<7>安積    2:20:25

<8>会津学鳳  2:21:18

<9>いわき秀英 2:21:56

<10>清陵情報  2:24:02

<11>郡山商   2:24:40

<12>帝京安積  2:25:07

<13>聖光学院  2:27:09

<14>平工    2:27:11

<15>若松商   2:28:59

<16>猪苗代   2:29:34

<17>会津工   2:32:10

<18>会津農林  2:32:16

<19>ザベリオ  2:32:46

<20>安積黎明  2:33:09

<21>郡山    2:33:33

<22>あさか開成 2:34:01

<23>白河    2:34:31

<24>福島西   2:36:17

<25>小野    2:37:58

<26>福島工   2:38:27

<27>岩瀬農   2:40:21

<28>安達東   2:41:02

<29>喜多方桐桜 2:53:58

 県北連合A 2:24:28

 県北連合B 2:30:52

 尚志    欠場

 磐城桜が丘 途中棄権

 ※順位なしはオープン参加


第38回県高校女子駅伝競走大会の成績(上段は通過順位と通過タイム。下段は個人順位とタイム。※は区間新)

順位 学校名   1区(6キロ)       2区(4.0975キロ) 3区(3キロ)      4区(3キロ)        5区(5キロ)

         選手  順位 時間    選手 順位 時間    選手 順位 時間    選手 順位 時間      選手  順位 時間

<1>  学法石川  長谷川  (1) 20:18 小島さ (1) 33:42 大河原 (1) 43:26 佐藤  (1)   53:38 小島彩  (1) 1:10:27

                          (1) 13:24     (1)  9:44     (1)   10:12      (1)   16:49

<2>  田村    大場   (6) 21:37 大森  (3) 35:44 菊地  (3) 46:27 佐久間 (3)   57:07 石川   (2) 1:14:56

                          (2) 14:07     (4) 10:43     (2)   10:40      (2)   17:49

<3>  日大東北  矢内   (2) 20:30 安達  (2) 34:42 橋本  (2) 45:23 根本  (2)   56:22 名越   (3) 1:15:15

                          (3) 14:12     (3) 10:41     (4)   10:59      (4)   18:53

<4>  会津学鳳  渡辺   (4) 21:28 猪股  (5) 37:12 長峰  (6) 48:31 五十嵐 (4)   59:24 山内   (4) 1:17:49

                          (7) 15:44     (6) 11:19     (3)   10:53      (3)   18:25

<5>  福島東   松本   (3) 20:59 大内  (4) 36:44 神田  (5) 48:13 嶺岸  (6) 1:00:08 渡辺   (5) 1:19:26

                          (8) 15:45     (7) 11:29     (9)   11:55      (6)   19:18

<6>  いわき秀英 櫛田   (7) 22:20 須藤  (6) 37:27 小松  (4) 48:03 片寄  (5)   59:51 菊地   (6) 1:19:27

                          (6) 15:07     (2) 10:36     (8)   11:48      (9)   19:36

<7>郡女大附  1:20:13

<8>帝京安積  1:20:40

<9>安積黎明  1:21:59

<10>福島成蹊  1:24:09

<11>いわき総合 1:28:24

<12>ふたば未来 1:28:57

<13>湯本    1:29:16

<14>郡山商   1:31:22

<15>磐城桜が丘 1:32:34

<16>福島西   1:32:58

<17>ザベリオ  1:33:40

<18>若松商   1:35:28

<19>福島東稜  1:42:22

<20>猪苗代   1:45:19

 会津連合  1:24:41

 相双連合  1:25:16

 県北連合  1:31:09

 尚志    欠場

 ※順位なしはオープン参加

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. ゴーン被告「恣意的な拘禁」 国連作業部会が意見書 日本政府は異議申し立て

  3. NYダウ、一時300ドル超高 ワクチン開発進展の期待で

  4. 岩手県で初の死者確認 全国の感染者は13万5430人に 新型コロナ

  5. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです