メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと東日本・アートを歩く

芸術さんぽ 印刷博物館(東京都文京区) 技術・文化の変遷学ぶ /東京

 「文教のまち」として知られる文京区は教育機関とともに、印刷所や出版社も多く、特に江戸川橋エリアに密集している。東京メトロ有楽町線の江戸川橋駅から少し歩くと、楕円(だえん)形の大きなビルがある。印刷会社「凸版印刷」が自社工場の跡地に建てたオフィスで、その地下に博物館がある。開館20年を迎えた今月リニューアルオープンした。

 常設展示の構成を刷新し、「印刷の日本史」「印刷の世界史」「印刷×技術」の3ゾーンに分けた。大半を占めるのが「印刷の日本史」で、年代が明確なものとしては現存する世界最古の印刷物「百万塔陀羅尼」に始まり、各時代の印刷文化を紹介する。

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文631文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

  5. 新型コロナに無為無策の菅政権 全額国費で「面の検査」「社会的検査」を

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです