メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 高齢者15.1%、割合増加 7月以降最高 施設で検査へ /東京

 都は22日、新型コロナウイルスの都内の感染状況などを分析するモニタリング会議を開いた。重症化リスクが高い65歳以上の高齢者が全体に占める割合が15・1%(前週12・7%)になり、7月以降で最高になったと報告があった。都は高齢者施設の利用者や職員に対するPCR検査を実施し、感染予防に力を入れる。

 感染状況の評価は、今週も4段階で上から2番目の「感染の再拡大に警戒が必要」とした。1日あたりの感染者(直近1週間の平均)は21日時点で前週より約10人少ない171・7人。都内の感染者はほぼ横ばいの状態が続いている。

 65歳以上の新規感染者は前週の157人から190人に増えた。感染経路別では、経路が判明している人のうち家庭内が前週の31・8%から37・4%に増加した。

この記事は有料記事です。

残り923文字(全文1256文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で新たに1228人の感染確認 北海道は1週間連続200人以上 新型コロナ

  2. ORICON NEWS のん、THE BLUE HEATSの名曲「キスしてほしい」をカバー、新WEB動画で"むずがゆい恋"を表現

  3. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  4. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  5. 要請応じない/もう諦めるしか 大阪「時短」、反発や落胆 忘年会シーズン直撃 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです