映画「アリ地獄天国」 過酷な労働現場テーマ 都内初上映へ 働くとは何か、考えるヒントに /東京

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
映画「アリ地獄天国」のワンシーン=映像グループローポジション提供
映画「アリ地獄天国」のワンシーン=映像グループローポジション提供

 世界に知られる山形国際ドキュメンタリー映画祭で昨年、上映され大きな反響を呼んだ映画「アリ地獄天国」(土屋トカチ監督)の都内の映画館での初上映が決まった。話題を呼び、海外の映画祭でも高い評価を得ながら、新型コロナウイルスの感染拡大もあり、なかなか上映が決まらなかった。映画は過酷な労働現場をテーマにしたドキュメンタリー。コロナ禍で働き方や生き方が問い直される中、会社とは何か、働くとは何かを考えるヒントが込められている。【東海林智】

 土屋監督は、セメント運送車運転手が労働組合に入り、過酷な長時間労働を改善するまでを描いた前作「フツーの仕事がしたい」が「現代版蟹工船(かにこうせん)」と注目を浴びた。徹底的に労働者に寄り添うスタイルが見る者に勇気と共感を感じさせる。

この記事は有料記事です。

残り876文字(全文1209文字)

あわせて読みたい

注目の特集