メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「モクモク」が菓子審査 「おから」や「きな粉」提供 伊賀白鳳高で試食・発表会 伊賀 /三重

生徒(右)がつくった焼き菓子を審査するモクモクのスタッフ2人(左)=三重県伊賀市の伊賀白鳳高で、大西康裕撮影

 県立伊賀白鳳高(伊賀市緑ケ丘西町)フードシステム科パティシエコースの3年生23人が、伊賀の里モクモク手づくりファーム(同市西湯舟)から提供された「おから」や「きな粉」を使った焼き菓子を作り22日、校内でモクモクのスタッフ2人も参加して審査・発表会があった。上位に評価された菓子などは11月の同高文化祭で売り、モクモク内で生徒が販売体験をする計画も検討している。【大西康裕】

 2019年度にモクモクの企画・広報担当の山岡晃代さんらが生徒に「モクモクのものづくり」の講演をして交流が始まり、20年度は大豆を栽培し、豆腐を作っているモクモクが大豆から生まれる2種類の材料を提供。生徒は7月から「課題研究」の授業で取り組み始め、夏休み中に菓子の構想を固め、9月から試作を重ねた。

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文719文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  2. ヤングケアラー~幼き介護 認知症の母を殺さなかった少女 元ヤングケアラー 27歳の今

  3. 二“人”六脚-保護犬イブと暮らして 熱中症でやせるイブ 犬にかまれ大けがも やがて穏やかな表情に

  4. 河井案里議員の秘書、有罪確定へ 連座制適用認められれば当選無効に

  5. 「パパ活への興味本位で」少女にみだらな行為 小学校教諭、懲戒免職 福岡県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです