メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京都、飲食店などに時短要請へ 25日午後5時からの記者会見で公表

プレゼント 「中野振一郎 チェンバロ・リサイタル」 /奈良

 世界を代表する奈良市在住のチェンバロ奏者、中野振一郎さんによる「中野振一郎 チェンバロ・リサイタル」が11月7日、奈良市学園南3の学園前ホール(0742・51・2001)で開かれます。

 ピアノと形が似ているチェンバロは、弦をはじいて音を出す鍵盤楽器。優雅で繊細な音色がフランスのバロック時代に人気を博しました。

 京都市出身の中野さんは、1991年にフランスの「ベルサイユ古楽フェスティバル」で欧米を代表する名手と肩を並べて「世界の9人のチェンバリスト」の一人に選ばれるなど、高い評価を得ています。現在は国内の音楽大学で後進の指導に励みながら、「チェンバロの魅力を多くの人たちに届けたい」と精力的に活動しています。

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文584文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道の町役場でクラスター 来庁者立ち入り禁止、半数欠勤 正常化へ2週間

  2. トヨタ東富士工場閉鎖 OBから惜しむ声「あんなにいい場所なのに…」

  3. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  4. 桜を見る会「前夜祭」そもそも何が問題だったのか? 捜査の行方は?

  5. 高級車 ジャガー、ベンツ、レクサス「売らない店」の理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです