メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関門トンネル人道 記念スタンプに新デザイン イルカやクジラ、県境を描いた絵柄 /福岡

イルカやクジラのデザインが施された新型スタンプ=北九州市提供

 門司区と山口県下関市を結ぶ関門トンネル人道(全長780メートル)で、関門海峡を歩いて渡った記念用に新しいデザインのスタンプが設置された。北九州、下関両市などでつくる関門海峡観光推進協議会が企画。3月に両側の地上エレベーター扉に施されたイルカとクジラのデザインの他、観光客の間で人気が高い人道中央の県境が描かれている。

 海底の人道を歩く人の上を魚が泳いだり船が通過したりするデザインの従来型スタンプも引き続き使用している。両側の地下エレベーターホールには新型と従来型それぞれを半月状に割ったスタンプが置かれ、門司側、下関側双方でスタンプを接するように押すことでデザインが完成する。同じくホールに設置された台紙にスタンプを押し、旧門司三井倶楽部やJR下関駅観光案内所などに提示すれば記念証がもらえる。

この記事は有料記事です。

残り147文字(全文496文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  3. 安倍氏の「事実と異なる国会答弁」33回、分析すると…三つのパターン

  4. ディエゴ・マラドーナさん死去 60歳 サッカー界の「レジェンド」

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです