メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

歩み続けたその先に=小倉孝保

 <kin-gon>

 米国では著しい功績を残した政治家や軍人が逝くと、連邦議事堂で告別式を開くことがある。最初にここで追悼された女性は2005年、「公民権運動の母」ローザ・パークス。そう、政治や軍とは無縁の黒人なんです。

 1913年生まれ。アラバマ州モントゴメリーでバスに乗車中、白人男性に席を譲ることを拒否して逮捕されたのが55年12月、42歳の時だった。怒った黒人たちはバスの乗車拒否(ボイコット)運動を始める。

 アラバマなど南部諸州では当時、白人と非白人を厳格に隔離する政策がとられ、バス座席も分けられていた。パークスは非白人用の1列目に座っていたが、白人用が満席になり、運転手から立つよう命じられた。

この記事は有料記事です。

残り705文字(全文1009文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. 時短に「またか」「悩む」 東京都内の飲食店悲鳴 「従わないと白い目で…」

  3. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです