メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

「共生社会」って何だろう 相手の「不便」に心向けて=五十嵐朋子(東京社会部)

車いすのまま都営地下鉄に乗り込む吉次まりさん。電車のバリアフリー化も徐々に進んでいる=東京都の都営大江戸線練馬駅で2020年8月19日、五十嵐朋子撮影

 延期された東京パラリンピックを前に、「共生社会」という言葉をよく聞くようになった。共生社会とは、何だろう。私は昨年春からパラリンピックやバリアフリーに関する報道を担当する中で、一人一人の“不便”に着目することがヒントになるのではないかと考えている。

 今年8月、鉄道のバリアフリーについて取材した。電動車いすを利用する吉次まりさん(31)に同行して東京都内の電車に乗ると、さまざまな“不便”を実感した。

この記事は有料記事です。

残り1660文字(全文1861文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  2. ヤングケアラー~幼き介護 認知症の母を殺さなかった少女 元ヤングケアラー 27歳の今

  3. 二“人”六脚-保護犬イブと暮らして 熱中症でやせるイブ 犬にかまれ大けがも やがて穏やかな表情に

  4. 河井案里議員の秘書、有罪確定へ 連座制適用認められれば当選無効に

  5. 「パパ活への興味本位で」少女にみだらな行為 小学校教諭、懲戒免職 福岡県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです