特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

記者の目

「共生社会」って何だろう 相手の「不便」に心向けて=五十嵐朋子(東京社会部)

  • コメント
  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
車いすのまま都営地下鉄に乗り込む吉次まりさん。電車のバリアフリー化も徐々に進んでいる=東京都の都営大江戸線練馬駅で2020年8月19日、五十嵐朋子撮影
車いすのまま都営地下鉄に乗り込む吉次まりさん。電車のバリアフリー化も徐々に進んでいる=東京都の都営大江戸線練馬駅で2020年8月19日、五十嵐朋子撮影

 延期された東京パラリンピックを前に、「共生社会」という言葉をよく聞くようになった。共生社会とは、何だろう。私は昨年春からパラリンピックやバリアフリーに関する報道を担当する中で、一人一人の“不便”に着目することがヒントになるのではないかと考えている。

 今年8月、鉄道のバリアフリーについて取材した。電動車いすを利用する吉次まりさん(31)に同行して東京都内の電車に乗ると、さまざまな“不便”を実感した。

この記事は有料記事です。

残り1660文字(全文1861文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集