メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナ感染、微増傾向 「ほぼ横ばい」から修正 厚労省助言委

 新型コロナウイルス感染症対策を検討する厚生労働省の「アドバイザリーボード」(座長=脇田隆字・国立感染症研究所長)は22日、新たな感染者数についてほぼ横ばいだったのが「微増傾向となっている」とした上で「感染の増加要因と減少要因が拮抗(きっこう)しているとみられる」との分析結果を示した。地方都市の歓楽街に加え、共同生活の習慣があるコミュニティーなど、クラスター(感染者集団)が発生する場所も多様化しており「対象者の特性に応じた情報提供や、クラスター連鎖が発生しないよう早期かつ適切な対応…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文608文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 岩手県で初の死者確認 全国の感染者は13万5430人に 新型コロナ

  3. 「激励」より一歩踏み込む 世代交代にらみ「壁なって」 横審、両横綱に「注意」

  4. ENEOS投打かみ合う 藤井がロングリリーフ 東邦ガスは好守に阻まれ 都市対抗

  5. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです