メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

仮面ライダーのあけぼの/上 3時代、世代超えヒーロー

 2021年にテレビ放送開始50年を迎える仮面ライダー。第1作から最新作の「仮面ライダーセイバー」まで、30作を超えるシリーズは昭和、平成、令和の三つの時代にわたり、子どもたちの心を沸き立たせてきた。メモリアルイヤーを前に、その始まりに上下2回で光を当てる。

 ●ふるさとのイナゴ

 オートバイを走らせる昆虫顔の男が、深紅のマフラーをなびかせ画面いっぱいに映る。1971年4月3日午後7時半、仮面ライダーはさっそうと登場した。悪の組織ショッカーと対決する異形のヒーロー。赤い大きな目、V字形に広がる触角、そして今にも獲物に食いつきそうな口。正義の味方らしからぬ、どこか不気味なサイボーグ姿が、オープニングから見る者をざわつかせた。あの独特のマスクはどこから来たのか。

 「モデルはバッタだとよく言われますが、私はこの辺りに多いイナゴだと思っています」。ルーツを探しに、原作者、石ノ森章太郎さん(38~98年)の故郷、宮城県登米市の「石ノ森章太郎ふるさと記念館」を訪ねると、同市元教育長の佐藤寿昭さん(79)が話してくれた。佐藤さんは少年時代、近所の石ノ森さんと、ともに漫画誌に投稿した仲だ。

この記事は有料記事です。

残り1074文字(全文1566文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  3. 時短に「またか」「悩む」 東京都内の飲食店悲鳴 「従わないと白い目で…」

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです