メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー・最前線

shoichi 山本昌一社長 在庫の服、買い取り販売

shoichi(ショーイチ)の山本昌一社長=大阪市中央区で、杉山雄飛撮影

 <週刊金曜経済 Kin-yo Keizai>

 新型コロナウイルスの感染拡大で、アパレル業界が苦境に立たされている。外出自粛で小売店の販売が落ち込み、3密対策で百貨店のセールが軒並み中止となっており、大量の売れ残りが発生。大阪市の在庫処分会社「shoichi(ショーイチ)」では引き取り量が急増しているという。今、アパレル業界に何が起きているのか--。同社の山本昌一社長(42)に聞いた。【聞き手・杉山雄飛】

この記事は有料記事です。

残り1713文字(全文1917文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. はや2くんの大航海 HAYABUSA2応援ページ はやぶさ2帰還をスマホで体感 大気圏に進入「火球」観測アプリを公開 JAXA

  3. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  4. 政府、皇籍離脱の女性皇族に「皇女」の尊称検討 公務への協力委嘱

  5. 新型コロナ 食材や文具、市民に配布 県社協、子育て家庭支援 五所川原 /青森

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです