メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トレンド

カルテック 光触媒、コロナ抑制効果 実験でウイルス減少確認

記者会見するカルテックの染井潤一社長=東京都内で、共同

 <週刊金曜経済 Kin-yo Keizai>

 家電ベンチャーのカルテック(大阪市)は、光で化学反応を引き起こす光触媒の実験で、新型コロナウイルスの抑制効果を確認したと発表した。同社の除菌脱臭機に光触媒を既に使っていることから実験した。医療機器ではない家電を新型コロナに効果があると宣伝することは法規制上できないが、コロナ対策の技術として注目される可能性がある。

 光触媒は光を当てると吸着したウイルスや悪臭成分を分解する物質で、酸化チタンが代表的。カルテックの除菌脱臭機はフィルターに酸化チタンを塗っている。

この記事は有料記事です。

残り203文字(全文457文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. 死者増さらに加速か 4000人から5000人まで14日間 高齢者で死亡率高く

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです