特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

廃棄寸前ビール、スピリッツに コロナで飲食店向け在庫 ヤッホーと酒造協力

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
クラフトスピリッツを共同開発した戸塚酒造とヤッホーブルーイングのメンバー=ヤッホーブルーイング提供
クラフトスピリッツを共同開発した戸塚酒造とヤッホーブルーイングのメンバー=ヤッホーブルーイング提供

 ピンチをチャンスに――。クラフトビール最大手「ヤッホーブルーイング」(本社・長野県軽井沢町)が、1653(承応2)年創業の「戸塚酒造」(佐久市)とクラフトスピリッツを共同開発した。新型コロナウイルスの感染拡大で消費が落ち込み廃棄寸前となったビールを蒸留して、香り高くよみがえらせた。【坂根真理】

 ヤッホーはたるに詰めたビールを卸していた飲食店の休業が相次ぎ、約1万2000リットルが賞味期限切れ間近で廃棄寸前に。「愛情を込めて作ったビールを廃棄しないといけないのか。何とかおいしく飲める方法はないか」と模索する中で、トマト焼酎を手掛けるなど高い蒸留技術を持つ戸塚酒造に着目した。

 「ビールを蒸留したスピリッツを作れないか」と相談したところ、二つ返事で協力を得られた。異業種で組んだ新たな酒造りの挑戦に、ヤッホーの広報担当者は「両社初めての試みで苦労したが、とても楽しく良い経験になった。日本酒とビールという異なるお酒を扱っているからか、互いに『香りの表現の違い』があることに気付けた」と振り返る。

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文835文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集