メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国の選択

加速した中国たたき、「貿易戦争」に 安全保障でも対立~トランプの4年 外交③

トランプ米大統領(左)は就任当初、中国の習近平国家主席(右)との対話に臨んでいたが、対立を先鋭化させている=北京の人民大会堂で2017年11月9日、高本耕太撮影

 2018年6月、トランプ米政権は中国による知的財産権侵害や米企業への技術移転の強要に対抗し、中国製品への制裁関税の発動を発表した。中国も報復措置を取り、互いに関税をかけ合う「貿易戦争」に発展した。

 トランプ氏は、16年の大統領選当時から「中国たたき」をアピールすることで支持固めを図ってきた。米国が抱える巨額の対中貿易赤字を念頭に「米国から仕事を奪っている」と強い言葉で中国を批判し、白人労働者を中心とした岩盤支持層を築いた。

 トランプ政権は18年7月~19年9月にかけて発動した制裁で中国製品の約7割を対象にした。その後、米中両政府は、中国が米国からの輸入額を増やす代わりに米国が制裁関税を一部引き下げることで合意したが、中国による米国産品購入目標の達成は難しく、対立が再燃する懸念がくすぶっている。

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文658文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

  4. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  5. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです