メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

汚染処理水放出 茨城知事「容認も視野」 説明と風評被害対策前提

記者会見で質問に応える大井川和彦知事=茨城県庁で2020年10月22日、韮澤琴音撮影

 茨城県の大井川和彦知事は22日の定例記者会見で、政府が東京電力福島第1原発のタンクにたまり続ける汚染処理水を海洋放出する方針を固めたことについて、「納得のいく説明と風評被害対策を行ってもらえれば(海洋放出を)容認することも視野に入る」と一定の理解を示した。

 海洋放出を巡っては、大井川知事はこれまで「白紙で…

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文386文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・北海道、11月の死者最多に 高齢施設、感染拡大 新型コロナ

  2. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  3. 大阪万博 招致戦略の見直し急務 150カ国参加目指すもコロナで「白紙」に

  4. 排せつ、セックスも赤裸々に… 半身不随になった「もののけ姫」の「2度目の人生」

  5. コロナ対応説明は? 菅首相、感染拡大でも記者会見開かず 野党「国民の不安高まる」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです