メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一体、誰が建てた? 「大鳥居の怪」を追った記者がたどり着いた結論は…

撤去前の大鳥居=2020年8月撮影(静岡市提供)

 街のシンボルとして親しまれていた静岡市の大鳥居が9月、市に撤去された。老朽化を危惧した市民の要望を受けたものだが、この大鳥居、実は所有者が分かっていない。市が調査したところ、少なくとも40年以上前から不明であることが明らかになった。一体、誰が建てたのか……。「大鳥居の怪」の真相が気になり、関係者を訪ね歩いた。【古川幸奈】

まずは撤去した静岡市へ

 大鳥居は高さ12メートル、幅16メートル。静岡市清水区の県道に鎮座し、車や人がその下を行き交うのが日常風景となっていた。「誰が建てたのか。皆目、分からない。釈然としません……」。撤去した市の土木事務所を訪れると、秋山恵範(とものり)所長補佐がため息をついた。

 市が所有者を調べ始めたのが2017年9月のこと。大鳥居は1975年、土地区画整理事業の補償工事で県が造り直したとの記録がある。当時担当した県職員や、工事を担った職人に聞き取りをし、県の資料保管庫も調べ尽くした。調査に2年以上の月日を要したが、所有者は分からずじまいだった。秋山所長補佐は「県が造り直した時も所有者が分からなか…

この記事は有料記事です。

残り1506文字(全文1972文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 首相「一日も早く収束」 コロナ対応陳謝も 施政方針演説

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 視聴室 青のSP-学校内警察・嶋田隆平-

  5. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです