メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「数学は暗記」「受験は要領」 東大医卒の提唱者が語る受験必勝法とは

和田秀樹さん=本人提供

 私立灘中高(兵庫)、東京大医学部という入試の最難関を突破した経験などに基づき受験に関する著書を多数世に出している精神科医の和田秀樹さん。「受験は要領」「数学は暗記だ!」など挑戦的なタイトルでも話題を集めてきた。「和田式」とも呼ばれる勉強法から「やる気」の引き出し方までいろいろ語ってもらいました。【聞き手・三木陽介】

 ――先生が提唱する「暗記数学」の方法と狙いについて教えてください。

 ◆数学では問題を解けなかったら先に答えを見て解法を覚えることを勧めています。その方が効率的だからです。数学に限らず自分は勉強ができないと思っている子には、理由が二つあります。一つは計算力などの基礎学力がないこと。これはコツコツと身に付けるしかありません。もう一つは問題を見た時に解く方針が立たないことです。この場合1時間うんうんうなってみても解けません。でも、解法をたくさん覚えていれば、それらを組み合わせて思考できるようになります。

 将棋でもコマの進め方だけ知っていても勝てませんよね。いろんなパターンを覚えないといけない。スポーツでもやり方を教えてから練習させますよね。勉強も同じです。勉強のやり方を知らないのに自分はだめだと思っている子が多い。問題を解けるようになることが勉強のやる気を上げる最も大切なことだと思います。

 ――数学の解法パターンはどれくらい覚えればいいのでしょうか。

 ◆文系なら500~600、理系は700~800がおよその目安です。一例を挙げると、「42×65+65×58」の計算問題の場合、「(42+58)×65=100×65」というパターンを覚えていると、ミスも減るし簡単に解けます。

 ――他にも入試で役立つ勉強方法を教えてください。

 ◆志望校の入試…

この記事は有料記事です。

残り1687文字(全文2420文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  4. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  5. NY株、史上最高値更新 米追加経済対策に期待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです