メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島第1原発3号機内部、毎時108ミリシーベルト 規制委が調査映像公開

 原子力規制委員会は、2011年3月の東京電力福島第1原発事故について調べるため、2号機と3号機の内部に入った時の映像を公開した。

 2号機では原発事故の時、原子炉の炉心が溶け落ちた。ただ、水素爆発は起きず、天井や壁が今も残ったままだ。このため、外に漏れ出さなかった放射性物質による内部の汚染が、他の建屋より深刻とみられている。更田(ふけた)豊志委員長らは原発事故により、原子炉建屋内で放射性物質がどのように広がったのかを調査する一環で、10月8日に内部に入った。

 更田氏らは、防護服や全面マスクを装備し、通常時は燃料の交換などを行う原子炉建屋5階から中に入った。真っ暗な建屋内をヘッドライトの明かりを頼りに進み、階段を下りて下層階を約20分間調査した。配管付近の放射線量を測定したり、床面の細かなちりを試料採取したりしたという。計測された線量は、最大で1時間当たり約15ミリシーベルトだった。

この記事は有料記事です。

残り211文字(全文607文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  2. 「朝、農場に入るのが怖い」 宮崎でまた鳥インフル 鹿児島でも関係者ら緊張高まる

  3. 大阪・北海道、11月の死者最多に 高齢施設、感染拡大 新型コロナ

  4. 日本新薬・大畑 主軸も務めたムードメーカーが4強進出後押し 都市対抗

  5. 学術会議任命拒否 「100%デマですやん」 ある日ウィキペディアに自分の名前が載ってしまったら…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです