メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

竜王戦第2局 羽生が勝って1勝1敗のタイに 豊島「途中から苦しかった」

羽生善治九段=和田大典撮影

 名古屋市中区の亀岳林万松寺で行われた将棋の第33期竜王戦七番勝負(読売新聞社主催)第2局は23日、挑戦者の羽生善治九段(50)が豊島将之竜王(30)に96手で勝ち、1勝1敗のタイに戻した。羽生にとっては2年ぶりのタイトル戦勝利となり、あと一つと迫った通算獲得タイトル数100期に向けて勢いをつけたいところだ。一方、豊島はタイトル初防衛を目…

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文426文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 櫻井翔、二宮和也からの大量の“迷彩マスク”プレゼントに「ありがとうございます!」

  2. 名古屋市消防局が救急搬送の2人、心肺停止に ベッド満床で受け入れ先見つからず

  3. 駿河湾に1メートル超の深海魚 「ヨコヅナイワシ」と命名 海洋機構ら研究チーム

  4. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです